加齢臭 予防

加齢臭【女性】予防(食生活)

加齢臭を予防するには、食生活に気をつけることも重要です。
ノネナールを発生させる過酸化脂質を増やさないとともに、
過酸化脂質の酸化を防止することがポイントになります。
また、加齢臭対策の食生活は、同時に、生活習慣病予防にもなります。

(1)和食中心の食事にする。
 和食は、動物性脂肪が少ないとされます。
 そして、味噌・豆腐などは大豆から作られますが、
 大豆にはイソフラボンという有効成分が含まれています。

(2)抗酸化作用のある栄養素をとる。
 緑茶(カテキン)、大豆(イソフラボン)
 ニンジン・パセリ(ベータカロチン)
 ゴマ(セサミノール)

 ※緑茶に含まれるカテキンには消臭効果もあります。

(3)香辛料は控える。
 香辛料は、過酸化酸素を活発にして、
 ノネナール生成の原因となる過酸化脂質の酸化を促進してしまいます。

(4)野菜をたくさん食べる。
 野菜は、脂肪分を包み込んで体外に排出する働きがあります。

加齢臭 予防

加齢臭【女性】予防(生活習慣)

加齢臭の予防で重要なポイントは、『いかに加齢臭の原因物質ノネナールを発生させないような生活習慣にするか』です。

(1)夜更かしは控える。
 夜更かしは、不規則な生活の温床となります。

(2)運動をする。
 適度の運動(ウォーキングなど)は、活性酸素を減らす効果があるとされます。
 そして、ストレス解消の効果も得られます。

 ※活性酸素は、体内の不飽和脂肪酸と結びついて過酸化脂質を生成します。

(3)酒、タバコを控える。
 ノネナールを発生させる過酸化酸素は、酒、タバコによって活発化します。
 
(4)ストレスを解消する
 ストレスを感じると、体内で活性酸素・過酸化脂質が増加します。

加齢臭 対策

加齢臭対策(食生活)

食生活を改善することが、加齢臭対策には重要です。

抗酸化作用のある栄養素は、ノネナールの生成を抑制する効果があります。そのため、抗酸化作用のある物質を摂取することが加齢臭の予防につながります。
例えば、ビタミンC、ポリフェノール(赤ワイン)、ベータカロチン、カテキン、イソフラボン(大豆)、セサミノール(ゴマ)などです。
この他、ワサビやショウガにも抗酸化作用があります。

和食は洋食に比べ、動物性の脂肪分が少ないとされます。
このため、和食中心の食事を心がけることは、加齢臭予防になります。
味噌や豆腐は、大豆から作られていますが、大豆にはイソフラボンという抗酸化作用成分が含まれています。
また、梅干には体臭を減らす効果があると言われています。

<<前の3件  .. 3 4 5 6 7  次の3件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。