加齢臭 洗剤

加齢臭の洗剤

加齢臭対策といえば、薬草飲み薬と並んで、服の洗剤も必需品ですよね。

加齢臭は、かなり強敵です。
なんといっても、長年(かれこれ40年以上)積み重なった脂質が相手ですから。

まさしく、『相手にとって不足なし!』です。
(なんのこっちゃ。笑)

さて、洗剤の話に戻りますよ。
(土佐の備長炭の)『灰の洗剤』というおもしろいものを発見しました。

灰ですよ、灰。

「そんなもんで洗ったら、服が灰まみれになっちゃうでしょー!?」

っと、思いきや、

昔は、洗剤とか石鹸が無い時代もあったのです。

そうです! 原始時代です。

って、そんなに古くはありません。

昔の人は知恵があったんですね。(お金は無かったけどね。)

昔の人は、どうやっていたかというと、

灰をお湯に溶いた上澄み(灰汁)で洗濯してたんですね。
(今で言う、エコですね。笑)

実は、灰汁には、油汚れを水中に引き出す力があるのです。
(手品みたいですなー。)

しかも、この洗剤の灰は、備長炭だからね。
(焼肉だけが、備長炭の出番じゃないんです!)

備長炭ミネラルが汚れを吸いとるのです。

そして、ついでに洗濯機内の洗浄もやってくれるのです。
(頼んでもないのに。笑)


加えて、この洗剤には、『木酢液』(もくさくえき)も配合されてるのですが、
木酢液や備長炭により、殺菌&消臭効果は抜群なのです。

そして、もちろん、難敵の加齢臭も消してくれるのです。
まさしく、スナイパーです。
(なんのこっちゃ。笑)

また、原材料は『備長炭灰・備長炭木酢液・備長炭ミネラル水』といった天然成分なので、洗った後の排水も地球に優しいのです。

いったいどこまで優等生なんだい。キミってやつは・・・。




スタイルというか、ルックスも素敵です。(笑)

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。