加齢臭 原因

加齢臭チェック

次の項目に何個当てはまるかによって、加齢臭のチェックができます。

1.朝食はきちんと食べている。
2.こってりとした料理が好きだ。
3.お酒が大好きだ。
4.1日あたり10本以上タバコを吸う。
5.夜更かしが多い。
6.ストレスを感じることが多い。
7.枕から嫌な臭いがする。
8.ワカメ、玄米、こんにゃく、大豆、カボチャ、バナナ、椎茸の
  うち、嫌いなものが3つ以上ある。
9.運動は苦手なほうだ。


【 判 定 】

0個・・・・・・加齢臭は、全く心配ありません。
1個〜3個・・・とりあえず安心です。
4個〜6個・・・黄信号です。このままだと加齢臭に。
7個〜9個・・・たいへんです。あなたの周囲に加齢臭が!

加齢臭 原因

加齢臭の原因(詳細)

加齢臭の具体的な原因について、次のようなものが考えられます。

1.生活習慣
不規則な生活、酒、タバコ、夜更かし、運動不足、ストレス・・・
忙しい現代人なら、ほとんど当てはまってしまいそうですね。
しかし、このような生活が続くと、加齢臭の原因となる脂肪分が体内で増加します。
生活習慣は、知らず知らずのうちに確立されてしまうので、
意識しないと改善できません。

2.食事
肉類など、脂肪分の多い食品をとっていれば、皮脂に含まれる脂肪分が増加し、その結果、加齢臭の元であるノネナールも増大します。
外食が多い食生活だと、高脂肪のメニューだけになる危険性があります。
また、ビール好きの人は、つまみに肉類や脂っこいものを摂取しがちです。

3.ストレス
ストレスを感じると、過酸化脂質が増加します。
パルミトオレイン酸と過酸化脂質によって、ノネナールが生成されるので、ストレスは加齢臭の原因となります。

加齢臭 原因

加齢臭の原因

加齢臭の原因は、ノネナールという物質の臭いです。

中高年になると、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増えますが、
ノネナールは、その脂肪酸と過酸化脂質が混じり、酸化・分解されることにより生成されます。

加齢臭は、比較的年齢の若い人からは発生しませんが、中高年になると、男女問わずに発生しやすくなります。

臭いがひどくなる原因としては、不規則な生活習慣、ストレス、食生活の偏り、喫煙などが考えられます。

加齢臭の原因を減らすことが、加齢臭の改善につながります。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。