加齢臭とは

加齢臭【女性特有の話】

加齢臭というと、中高年おやじの臭いの代名詞となっています。
しかし、本当は、加齢臭は男性だけのものではないのです。
女性も加齢臭を発生させます。

ただ、女性は、女性ホルモンがノネナール(加齢臭の原因物質)の発生を抑制しています。
そのため、男性に比べて加齢臭が少ないのです。

しかし、年齢を増すごとに女性ホルモンの分泌も減少します。
そうすると、男性同様、加齢臭が発生することになります。

加齢臭の発生する仕組みは男女共通です。
とはいっても、女性の場合は、化粧品や香水で体臭そのものがケアされている人が多いので、男性ほど問題にならないかもしれません。

加齢臭とは

加齢臭とは

加齢臭とは、中高年(40歳以降)特有の体臭です。
青臭さと脂臭さが合わさったような臭いがします。

そのような臭いの原因は、ノネナールという物質です。
ノネナールは、脂肪酸(パルミトオレイン酸)と過酸化脂質とが化学反応することにより作られます。

パルミトオレイン酸は、皮脂の中にある脂肪酸ですが、これは、年齢を重ねるにつれて増加します。

そのため、中高年に加齢臭が発生するのです。

ノネナールの臭いは、ロウソク・チーズ・古い本のような臭いとされ、タバコを吸う人のほうが臭いが強くなる傾向があるようです。

ノネナールの抑制は、抗酸化剤・抗菌剤が有効であるとされます。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。