コラム

加齢臭【女性】は

なぜ、自分では気づきにくいのでしょう?

その理由の一つに、「嗅覚は、疲れやすいものだからだ」という説があります。
良いニオイであっても、不快なニオイであっても、長い時間そのニオイをかいでいると、鼻が慣れてしまった・・・という経験はないですか?
これは、嗅感が環境に順応した結果だそうです。

自分自身の嫌な臭いがいつまでも気になったら、地獄ですよね。
嗅覚が疲れて鈍くなってくるのも、人間が生きていく上では便利な性質なのかもしれません。

以上、「加齢臭は、自分では気づきにくい」という話題でした。

コラム

加齢臭【女性】予防にも

効果的かもしれません。

AOKIから、洗濯機やシャワーで丸洗いできる春夏用スーツ「プレミアムウォッシュスーツ」が発売されるようです。

発表会では、上戸彩さんが実際に洗濯機でスーツを洗って、「洗濯機で洗っても、本当にしわができない」ということを証明したようです。

これからの季節、汗ばむ陽気が続きます。
スーツは、けっこう着っぱなしになってしまいますから、こまめに洗って清潔さを保ちたいですね。

このスーツで加齢臭の予防もできそうです。

コラム

加齢臭(安住アナ・35歳も)

TBSの安住紳一郎アナウンサー(35)が「笑っていいとも!」の「テレフォンショッキング」に出演したときの話です。
他局のアナが出演するのは、1983年4月、当時日本テレビ所属の小林完吾(76)、徳光和夫(67)両アナが出演して以来25年ぶりということで話題を集めました。

この席で安住アナは、
「最近、自身の加齢臭を実感するようになった」と告白していました。
まだ、35歳なのに、加齢臭が出る人は出るようです。

一方、63歳のタモリは、「悪いけどオレは(加齢臭が)ない」と豪語していたようです。(笑)

日頃の生活習慣が、タモリさんは健康的で規則正しい生活で、安住アナは不規則なのでしょうか。
日常生活の節制の度合いによって、加齢臭の有無がありそうですが、
本人が自分の体臭に気づいていないというケースもありますので注意が必要です。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。